パパはわるものですチャンピオン(絵本)のあらすじは?対象年齢は何歳から?感想あり

パパはわるものチャンピオン

映画化された原作絵本「パパはわるものチャンピオン」が話題に!

前作の『パパのしごとはわるものです』(岩崎書店)が大好評につき、続編『パパはわるものチャンピオン』(岩崎書店)が誕生しました。

作中に登場するゴキブリマスクがプロレスリング「ZERO1(ゼロワン)」のリングに登場したり、棚橋弘至さん(新日本プロレス)が主演で映画化もされたりで、プロレスラーやプロレスファンのパパを中心に話題となりました。

ちなみに、映画版は絵本と少々内容が異なりますが、『パパのしごとはわるものです』は前半部分のベースになっていて、『パパはわるものチャンピオン』は後半部分に当たります。

あらすじと内容は?感想・レビューは?

おおまかなあらすじは以下になります。

パパの仕事はわるものプロレスラー、ゴキブリマスク。ついに今日はチャンピオン、ドラゴン・ジョージとのタイトルマッチです。悪の限りを尽くしたゴキブリマスクは、ブーイングと怒号のなか、必殺技ホイホイ・ドライバーをくりだす!
主人公のぼくは、パパの仕事を受け入れてあげたいけど、なかなか受け入れられません。でも、どんな仕事でも、堂々とがんばっているパパはやっぱりかっこいい。父と息子の男同士の絆を感じる絵本です。

―“パパわる”シリーズ第2弾!
―新日本プロレス・棚橋弘至選手から推薦コメントをいただきました!
「プロレスとは?人によろこんでもらう仕事。パパは、なぜたたかうのか?人のよろこびが力になるから。あぁ夢がつまってる! 」
―“パパわる”シリーズ第2弾!

パパはわるものチャンピオン

「きょうは パパの しごとを みせたいんだ」

前作で、「ぼく」がパパの仕事を調べに行ったことで、パパが悪役レスラーのゴキブリマスクであることがバレてしまい、今度はパパが自ら子どもをプロレス会場へ連れて行くところから始まります。

「ぼく」は、悪者をやってるパパが正義の味方にやっつけられるところを見たくないし、パパを応援したいけど、友達のマナちゃんが隣でドラゴン・ジョージを応援している…

タイトルがネタバレになっていますが、パパ(ゴキブリマスク)が反則しながらも勝利し、チャンピオンになります。

「ぼく」は思わず喜んでしまうけど、マナちゃんには睨まれてしまうし、客席は大ブーイング…それを見て、悪者が勝ってよかったのか…と疑問に思ったり…

感想としては、各場面場面で複雑な思いを持ちながら、子どもながらに空気を読もうする「ぼく」の姿に、胸が締めつけられるような思いになりました。

また、チャンピオンになって胸を張ったパパをかっこいいと思ったり、大人の世界、プロレスの世界などを理解しようとする姿に、親子の絆と子どもの成長を強く感じられる感動的な作品だと思いました。

ラストシーンで、「ぼく」が言いたくなった言葉をグッと飲み込むところにも胸を打たれましたね。

各サイトのレビューも高評価で、前作『パパのしごとはわるものです』はママのレビューが多いように感じましたが、続編で認知されたせいか今作はパパや男性のレビューも多く見られました。

親子の絆以外にも、一冊の中に様々な信頼関係が描かれているところを評価している方が多いところも印象的でした。

さらに映画の方も、内容はやや異なりますが、絵本を超えるほどの感動的な作品になっているので、併せてご覧になるのもオススメですね!

パパが息子に読み聞かせるのがオススメ!対象年齢は何歳から?

「男同士の絆」がテーマにもなっているので、パパが息子に読み聞かせてあげるのが一番オススメです!

対象年齢は5歳ぐらいからではないかと思います。(ちなみに映画の対象年齢は6~7歳ぐらいから)

筆者の息子が4歳(5歳になる直前ぐらい)の時に読み聞かせましたが、前作を読み聞かせた時は「ゴキブリマスクが怖い」などといろいろしゃべりながら聞いていましたが、今作は少し見慣れたようでした(笑)

「ゴキブリマスク強ーい!」などと、プロレスシーンはスーパー戦隊や仮面ライダーを観るような感覚で楽しんで聞いていました。それ以外はおとなしく聞き、子どもながらに何かを感じ取っているようにも見えましたね。

一点だけ気になるところは、悪役レスラーを題材にしていることもあり、2人がかりでイスで相手を攻撃するシーンですね。

これをマネしてはいけないことだと理解できる子でないと悪影響を与えてしまう可能性もありますので、子どもの成長具合や理解力、またその時の情緒や状態なども考えて読み聞かせる必要はあるかと思います。

子どもの状態さえ注意していれば、父子の絆を深めるには最高の作品だと思いますので、是非読み聞かせてあげてはいかがでしょうか♪

『パパはわるものチャンピオン』の基本情報

パパはわるものチャンピオン

著者 板橋雅弘
出版社 岩崎書店

関連記事