いっさいはん(絵本)の内容と感想は?ママへのプレゼントにオススメと評判!

いっさいはん

minchiが描く絵本「いっさいはん」がSNSで話題に!

絵本『いっさいはん』が、子育てをするママたちの間でTwitterなどSNSを中心に話題になっています。

1歳半ぐらいの子の“あるある”行動が多数描かれていて、その内容が「面白い」「思わずニヤニヤしちゃう」と、子育て経験のある方に共感され、それが人気の理由となっているようですね。

いっさいはん
出典:https://www.iwasakishoten.co.jp/

また、作家のminchi(みんち)さんが描くかわいい絵と1歳半の子の無邪気な行動のギャップも受けているようですね。

minchiさんは、チャットモンチーなど有名アーティストのCDジャケットのイラストを担当などをするほか、アニメーションの最高峰アヌシー国際アニメーション映画祭で3Dショートフィルムが上映されるなど、様々なジャンルで多彩な才能を発揮している方で、絵本は本作がデビュー作ということです。

どんな内容なの?感想は?ママへのプレゼントにもオススメと評判!

絵本の構成としては、1歳半ぐらいの子の行動が箇条書きのように並んでいて、ひとつの行動に対して、ひとつの絵が当てられているというものです。

「しずかにしているときは だいたい ちらかしている」
いっさいはん
出典:https://www.iwasakishoten.co.jp/

「くちの なかに ごはんを いっぱい つめて くしゃみをする」
いっさいはん
出典:https://www.iwasakishoten.co.jp/

1歳半の育児をしていると、本当にあるある過ぎて笑ってしまう内容なんですが、どちらかというと、子どもと一緒に読む絵本というよりは、1歳半ぐらいの子の育児真っ最中のママにオススメしたい絵本でもあります。
※岩崎書店は対象年齢を0歳~大人としています。

我が子について悩みを抱えるママはたくさんいらっしゃると思います。

特に、子育て真っ最中のお子さんが1人目で、頼れる人や話せる人が少ないママさんだと、この頃の子どもには普通の行動であっても、心配してしまったり、悩んで抱え込んでしまうようなことも多々あるのではないでしょうか?

そんなママたちにとっては、「あなただだけではないんだよ。よくある事なんだよ」と言うメッセージを含んだ、一種のカンフル剤のような効果のある絵本だと思います。

子どもが改めて愛おしくなったり、当事者としては大変な育児の日々もいつの日かほっこり思い出せるようになる…そんな素敵な絵本でもあるので、親戚や友人に1歳半ぐらいの子の育児をしているママがいらっしゃるなら、プレゼントにもオススメしたい一冊ですね。

きっとプレゼントされたママさんは、読んで笑顔になること間違いなしだと思います♪

実際にプレゼントとして喜ばれたという方も結構いらっしゃって、評判も良いようなので、是非一度読んでみてください。

『いっさいはん』の基本情報

いっさいはん

著者 作・絵 minchi(みんち)
出版社 岩崎書店

関連記事